自分で制作

素敵なfドレス

結婚式でビデオをとるということは、今や当たり前のこととなっています。
新郎新婦とその家族にとって一生に一度きりの大切な思い出をビデオという形式で取っておくことは重要なことです。
もちろん、友人知人にビデオをとることをお願いすれば、無料でビデオをとることはできますが、業者に頼めばより質の高い高度なビデオを撮ってもらうことが可能になります。
動画投稿サイトにサンプルが挙げられていることがありますが、高度な編集技術を利用し、よりその結婚式の思い出を美しくしてくれます。
価格は業者によって違いがありますが、おおよそ10万円前後で引き受ける業者が多いです。
結婚式場で流れる新郎新婦の紹介ビデオなども作成できるようです。

結婚式でビデオを撮りその思い出を共有するという行為はいつごろから始まったのでしょうか。
式の様子を記録するという行為自体は中世ヨーロッパの時代から存在していたようです。
動画を撮影できるようになったのは1895年、フランスのリュミエール兄弟が発明したころからです。
それ以前にも1891年にトーマス・エジソンが動画という形で情景を保存できる装置を開発していました。
それから有声映画が発明されたのは1920年代のことであり、おそらくはそれ以降から結婚式のビデオをとるということが始まったのではないかと推測されます。
日本で式のビデオをとるという行為が伝わったのは、それより更に後ということにはなりますが、かなり長い歴史を持っていることがわかります。